岡崎市東部の山間に地元産花崗岩を素材にして石のふくろうを創る「おうる工房」がある.石彫りの仕事場は素材の岡崎産みかげ石などが雑多に置かれた土間であるが,住居と喫茶談話の部屋などを合わせて「おうる工房」と称している.
 五つほどの小さな建物が道沿いに並び,建物の反対側5mほど下には清流が流れている.川沿いに長さ40数mほどのベランダがある.蛍の時期6月にはゲンジボタルが舞う.
sekicho097015.jpg
sekicho097014.jpg
sekicho097013.jpg
sekicho097012.jpg
sekicho097011.jpg
sekicho097010.jpg
sekicho097009.jpg
sekicho097008.jpg
sekicho097007.gif
sekicho097006.gif
sekicho097005.gif
sekicho097004.gif
sekicho097003.jpg
sekicho097001.jpg
sekicho097002.jpg
sekicho097001.jpg
空撮
花と石彫の道