sekicho055020.jpg
刈谷市立衣浦小学校
     石細工クラブ
活動期間 2013.4.17〜2014.2.08 (10回)
   石細工でがんばったこと
          四年 N.B.(女)
 わたしが石細工でがんばった事は石をほる所です。 写真を見せてもらった時に、かんたんそうだと思ったけど、やってみたらすごくむずかしかったです。 ノミで石をトンカチで打つ時、まちがって手を打った時はすごくいたかったです。
 次に色をぬる所です。 いい色がなかったけど、自分なりに色をつけてみたら、すごくいい感じになりました。 「やってもつまらないよ。」と思ったのにやってみたらすごく楽しかったです。 一度やってみようと思って良かったです。
    ことしのクラブのかんそう
               四年 S.O.(男)
 ぼくは工作とか石が好きで石細工クラブに入りました。 それでぼくは、いまやってたのしいです。 色がきれいにぬれたり、石をほってみたのが楽しいです。 入ってよかったと思いました。 自分で楽しくてきれいにほれました。 次が最後になるかもしれません。
 ぼくはらいねんの石細工クラブに入りたいと思っています。 先生からアドバイスをもらったりして自分の中で最高の石作品がほれてよかったです。 先生からのアドバイスがなかったら、そのままの石でした。 でも先生がいるからこそ、いい石作品が完成したのです。
    石細工をやってみて
            四年 U.F.(男)
 ぼくは石細工をやってみて、ほる前にどんなものを作るのかを決めたのでびっくりしました。 ほる時は、まず絵をみてやるんじゃなくて、石にかいてほるのでびっくりしました。 絵にそってほるのでむずかしかったけど、何回もやっているとだんだんなれてきました。
 目にビー玉みたいなものを入れると知ってびっくりしました。色もきめれるのですごいと思いました。 色ぬりは顔の部分をぬりました。口とはなの色をかえました。 上手にできてうれしかったです。

 
   石細工でがんばったこと
           四年 U.O.(女)
 わたしが石細工でがんばったことは、自分がかいた絵を絵どおりにほることです。 なぜかというと、ときどき絵の線からずれたり、自分の手をたたいてしまったり、とにかくいろいろ大変でした。 とくに目の部分がほりにくく、くろうしました。 
 そんなこんなで、なんとか絵の線がほれました。 ほれたときにはとてもうれしかったです。 最初は「石細工なんかつまらないよ。」と思っていました。 でもやってみたら楽しかったです。 やってみないと分からないことってたくさんあるんだなと思いました。
   石細工で楽しかったこと
            四年 S.U.(男)
 ぼくはさいしょから石細工になりたいと思っていました。それは二つあります。 一つはぼくがかえっているとき、前のひとが「石細工がおもしろい。」と言っていたからです。 二つ目は、自分で石をけずってみたかったからです。 テレビで見ておもしろそうだったからです。 それは決してまちがいではありませんでした。 クラブに入れてうれしかったです。
   石細工をやってみて
           四年 S.Y.(男)
 クラブに入って、自分の名前をほることにしました。 みょう字の安田はじゅんちょうにほれたけど、颯の字はこみいっていてむずかしかったです。
 楽しかったことは色つけです、ほった所に色をつけました。 ちがう色がにじまないように気をつけました。 また、石をほることがあったら、こんどはフクロウなど形のあるものをほりたいです。
sekicho055019.jpg
sekicho055018.jpg
sekicho055017.jpg
sekicho055016.jpg
sekicho055015.jpg
sekicho055014.jpg
sekicho055013.jpg
sekicho055012.jpg
sekicho055011.jpg
sekicho055006.jpg
石彫りは楽し!9月
sekicho055010.jpg
sekicho055006.jpg
石彫りは楽し!10月
sekicho055009.jpg
sekicho055006.jpg
石彫りは楽し!11月
sekicho055008.jpg
sekicho055006.jpg
石彫りは楽し!12月
sekicho055007.jpg
sekicho055006.jpg
石彫りは楽し!1月
sekicho055005.jpg
sekicho055004.gif
c40b1323.gif
sekicho055003.gif
sekicho055002.jpg
sekicho055001.jpg